サイトメニュー

病気を治すために

男性 循環気質などがある場合には、自分で解決することは難しいため病院などに生き治療してもらうのがよいです。この時、自立支援医療制度を利用すると、1割負担で通院することが可能です。循環気質になったら、優れたカウンセラーに任せるのがよいでしょう。

詳しく見る

早期発見と治療が大切

困っている人 うつ病は誰もが患う可能性のある病気のひとつです。特に性格や気質に偏りがある人は発症するリスクが高いので注意が必要です。しかも循環気質の人はうつ病から双極性障害になる可能性があるので病状の変化について医師と相談する機会を頻繁に持ちましょう。

詳しく見る

精神病の症状や特徴

カウンセリング 循環気質とは、高揚気分と憂鬱気分が交互に現れ安定しない気質のことです。双極性障害、うつ病患者によく見られます。周りの人は、本人の高揚時の行動を抑制することと、また病気への理解や関心を深めておくことが大切です。

詳しく見る

精神疾患に罹ることもある

女性

家族や配偶者の変化を見逃さない

循環気質の人は、社交的でほがらかな性格の人が多く、周囲に細かい気配りが出来るのが特徴です。協調性に優れているため、職場や学校でも好かれる傾向があります。循環気質の人は周囲に気を遣っているため、精神的なストレスを受けやすい傾向があります。自分を犠牲にしてまで、人と会わせる人は精神疾患に罹りやすい傾向があります。双極性障害はうつ状態と、躁状態を繰り返す精神疾患です。職場や人間関係、学校などで過度なストレスが溜まっていたり、生活環境が大きく変化したりすると、双極性障害を発症することもあります。うつ病や双極性障害などの精神疾患は、性格が原因ではなく、誰でも罹る可能性があります。循環気質の人は熱しやすく、冷めやすい人も多いです。循環気質の人は、性格などの面では長所が多いのが特徴です。会社などでは、社交性や協調性などを生かして、順調に出世をする人もあります。双極性障害は躁状態の時は、お金遣いが荒くなったり、話し出すと止まらなくなったり、誇大妄想などが見られることもあります。一見すると元気なイメージがありますが、病気が原因なので正常な状態とは言えません。気になる症状が見られる時は、精神科の病院やクリニックを受診することが大事です。双極性障害は気分安定薬が大変有効なので、毎日服用を続けていると少しずつ体調が良くなってきます。学校や家庭、職場などで気を遣っている人は、ストレスを溜めやすいので、十分な休息や睡眠が必要です。気分安定薬や抗精神病薬は、即効性はありませんが、2、3か月続けることで、辛い症状が落ち着いてきます。

循環気質の人は、社交性や協調性に優れているので、周囲の人には好印象を持ってもらえます。結婚や転職を経験して、周囲の環境が変わると、強いストレスを感じることもあります。双極性障害の躁状態は、あまり眠らなくても、活動的になったり、食欲が亢進して体重が増えたりすることもあります。一般的なうつ病とは違った症状が出ることも多いです。家族や配偶者に変化が見られる場合は、精神科のクリニックや病院を受診して、診察を受けることが大事です。精神科の病院やクリニックは、心の不調を感じている人が通院しやすい環境が整っています。問診やうつチェックなども受けることが出来るので、病気の診断を付けやすくなります。循環気質の人は、適度に趣味や娯楽を楽しんだり、一人になれる時間を作ることも大事です。精神科の病院やクリニックでは、症例数を多く取り扱っているので、症状に合わせた内服薬を処方してくれます。カウンセリングや認知行動療法なども大変有効なので、根気よく治療を続けることが大事です。現代はお子様から、高齢者まで誰でも、精神疾患に罹る可能性があります。躁状態やうつ状態を繰り返しており、仕事や家事に支障が出ている場合は、早めに治療を始めることが大事です。循環気質に当てはまると感じている人は、ストレス耐性を身に付けることが大事です。日常生活をしていると、誰でも何らかのストレスを感じています。ストレスに強くなることで、病気の回復を速めたり、再発を防ぐことが出来ます。症状が重い時は、一時的に休学や休職をするのもお勧めです。