サイトメニュー

病気を治すために

男性

仕組みやサービスとルールやマナーを学ぶ

人間は、外から目に見える病気と外から見たら普通だけども精神的に病気になっていることもあります。前者の場合はだれの目からみても明らかですが、後者の場合はなかなかわからず誤解を招きかねません。最近になってようやく誤解が少し解かれてきたけども、いまだに誤解をもたれているのがうつ病になります。うつ病は、精神的な病気として有名ですが見た目が普通のことは少なくありません。うつ病にもよる分類がある中で、循環気質と呼ばれる症状が出ることも少なくありません。循環気質とは、痴ほう老人のようにそこら辺を歩き回る人のことではなく、精神的な面つまり心の中の問題になります。例えば、気分がハイになることと落ち込むことが両極端な場合です。この両方行ったり来たりしている人のことを循環気質と呼ぶわけです。これを自分で直すのは難しく、基本的にカウンセラーや心療内科などにいる医者にお願いするしかありません。これらを利用するときの仕組みとしては、医者に申し込みをすれば問題ありませんが保険が適用できるかが問題になります。基本的に、健康保険が適用されますのでそれほど大きな負担になることはありませんが、それでも毎週一回ずつ通院することになると\10000ぐらいのお金がかかってしまいます。この時理解しておきたいのは、自立支援医療になります。自立支援医療利用することで、今まで3割負担だったものが1割負担まで減らすことができるのが大きな特徴です。ただしこの場合には条件があり、住民税を23万5千円以上納めている場合には適用されない点になります。

循環気質になってしまうと、初心者ほど行動する気力がなくなってしまいますが、だからと言って家にいるわけにもいきません。やはり、循環気質になると完全に自分で治療するのが難しいため、カウンセリングなどを積極的に行ってくれる心療内科や精神科に通うのが一番です。心療内科とる精神科の違いは、症状が表れているかどうかの違いです。例えば、循環気質により発熱がよく発生する場合や体調がおかしくなる場合などは外に症状が表れていますので心療内科に通うことになります。これに対して、発熱や腹痛などの体調の変化が見られない場合でも精神的にかなりつらい場合には、精神科に通うのが普通です。ただ、明確に線引きできないことも多いため、とりあえず近くにある評判の良い精神科や心療内科に通ってみることが大事です。どちらも先生も、多少専門性は違うものの基本的な治療をしてくれます。もし、カウンセリングを積極的に行ってくれるところがあれば、薬で治療するよりもカウンセリング治療の方が安心して使用することができるでしょう。カウンセリングの上手な人は、カウンセラーが一方的に話すのではなく患者さんの方で自己解決ができるように話を引っ張り出します。実は、患者さんの頭の中には自分自身で自分の病気を治すためのノウハウが詰まっています。それにもかかわらず、それを発揮することが出来ないのは頭の中が上手に生徒をされていないからです。そこで必要になるのが、腕の良いカウンセラーになります。腕の良い先生は、患者自身が自分で解決できるように仕向けてくれるため根本的に治療することができるでしょう。