サイトメニュー

早期発見と治療が大切

困っている人

治療には性格に応じた心理療法が効果的

うつ病は決して珍しい病気ではなく、誰もがかかる可能性があるごくありふれた病気です。今や100万人を超える勢いで増え続けているにも関わらず、医療機関を受診している人は全体の数分の1と言われています。うつ病は早期に治療を開始することができれば、短期間で完治させることができます。しかし安易に考えて見過ごしていると、病気をこじらせてしまう人も少なくありません。そしてこの病気は男女別でみると男性よりも女性の方が多い傾向もあります。まずは自分がうつ病を患っていることを自覚することが早期回復への第一歩です。さらにこの病気にかかりやすい人の特徴として病前の性格や気質が大きく関わっていることが分かっています。中でも循環気質を持つ人は一見して社交家で人づきあいもよく周囲に気配りができることから、好印象を与えている人も少なくありません。しかしこのような循環気質を持つ人は、物事の捉え方や考え方に偏りがあることから、次第に職場や日常生活においても過剰なストレスを感じるようになり、うつ病の症状を発症するリスクが非常に高まります。もし憂うつな気分や強い不安感が2週間以上続いたら、できるだけ早く専門医を受診しましょう。精神科や心療内科では抗うつ剤を用いた薬物療法による治療が中心となりますが、極端な気質傾向を持つ患者には心理療法が高い治療効果を発揮することがあります。中でも認知行動療法は常に自分を客観的に見る意識を持つことができるようになることから、偏りのある思考回路を改善していく効果が期待できます。

うつ病にはいくつもの種類があり、症状や治療方法が異なります。うつ病は早期発見と治療がとても重要ですが、正確な診断をするのは専門医でさえも容易ではなく、後から病名が変わったり別の精神疾患を発症したりすることも少なくありません。早い人で約3ヶ月もすれば職場復帰できるケースもありますが、人によっては数年もの治療期間が必要になることもあります。正確な診断を受けるためには、循環気質であることや自分の性格についてきちんと医師へ伝えることが必要です。しかし患者の症状によっては、全て説明できないこともあります。そのような人は家族や身近な人に同席してもらい、経過や症状について説明してもらいましょう。そして循環気質の人の中には、うつ病から双極性障害に病状が移っていくことがあります。双極性障害になると気分の浮き沈みが激しく、高揚感と憂うつ感を交互にくり返します。その間隔は数ヶ月に及ぶこともあります。もし家族に双極性障害の症状がみられたら、症状の変化に振り回されてはいけません。いつもと違う症状があれば、担当の医師へ報告して、今後のアドバイスをしてもらうことが必要です。そして深夜の時間帯に問題が生じたら、精神救急センターなどに相談するという手段もあるので覚えておきましょう。さらに心の病を患う人の中には自分が病気であることを自覚せず、治療を拒む人がいます。そのような場合には、各自治体には専門の相談窓口があるので、利用することができます。窓口では今後の対応の仕方などについて教えてもらえるだけでなく、必要に応じて医療機関の紹介もしてくれます。